小原 穣 / Yutaka Obara

映像作家 / 撮影監督

Filmmaker / Cinematographer

1981年神奈川県生まれ。慶応義塾大学卒後、株式会社スプーンを経てDRAWING AND MANUALに参加。ジャンルを固定しない縦横無尽の演出により数多くの映像作品を生み出している。また撮影監督としても数々の作品に参加している。主な仕事にTVCM「JAL TOKYO2020」、「Honda 原チャであそびつくせ!」、フラワーアーティスト東信氏のインスタレーションプロジェクト「PALM TREE × ALGIERS」などを撮影および監督。また「金沢城プロジェクションマッピング」総合演出などの大型展示映像も手がける。2015年初のドキュメンタリー映画監督作品として「桜谷小学校、最後の174日」を発表。
受賞歴:D&AD2013, 全映協グランプリ


Graduated from Keio University and past working experience at Spoon Inc., he has worked at DRAWING AND MANUAL as a director and a cinematographer producing a wide range of commercial and documentary films including TVCMs for clients such as JAL and Honda, a music video for a flower artist Makoto Azuma's experimental installation project "PALM TREE X ALGIERS". He has also produced visual image for a large sized projection mapping at Kanazawa castle. In 2015, his first directorial documentary short film "Last 147 days of Sakuradani Elementary School".
Awarded at D&AD 2013, National Board of Regional Visual Industry Associations Award 2014